電子レンジで栄養が破壊される?これってホント?

    この記事は3分で読めます

    「電子レンジは体に良くないので、捨てちゃいました!!」

    健康に詳しい方が、こんなこと言ってるのを、たまたま聞いたのですが、かなりビックリしました(^_^;)

    レンジって、そんなにヤバいの?

    なんでも、電子レンジで栄養が破壊されてしまうので、食べても、健康に良くないらしいです。

    他にも、ガンなどの病気の原因にもなるとか…

    私は、普通に、レンジをけっこう使っているので、かなり気になったんですよね~。

    これが本当だったら、イヤだし…(´Д`)

     

    果たして、レンジは本当に危ないモノなんでしょうか?

    真相を確かめるべく、徹底的にリサーチしてみました!

    私みたいに、電子レンジが危険だと耳にして、不安になっている方はぜひ参考にしてみてください!

    まずは、

    なぜ栄養を破壊してしまうのか?

    その原因とされる、理由について、迫ってみましょう!


    スポンサーリンク


    どうして栄養が破壊されるの?

    densirenji

    その理由は、電子レンジの仕組みにあります。

    電子レンジは、マイクロ波という、波長の短い電磁波を使っています。

    このマイクロ波が、食べ物の水分子を振動させることで、摩擦熱を発生させているんですね。

    それで、食べ物が温まるワケです。

     

    「でも、なんで栄養が壊れちゃうの(´Д`)?」

    と、謎な部分が多いですよね?

    調べてみたところ、

    水だけでなく、他の栄養素の分子にも影響して、構造が壊れてしまう

    という理屈なんだそうです。

    生食よりも、ビタミンやミネラルの栄養価が、60~90%も減るんだとか。

    あと、栄養を機能させるための、酵素も破壊してしまうことが、確認されています。

    これが、ホントだったら、恐ろしいですね…

     

    でも、具体的な研究結果やデータなどはなく、正直、ホントかどうかはビミョーなところです(^_^;)

    なので、信ぴょう性に欠けるかな~、というのが、私の本音。

    しかし、電子レンジの危険性については、現在でも、わかっていない部分も多く、これから、新しい危険が見つかるかもしれません。

     急に、「実は、こんな危険がありました!」とか言われたら、困りますね(苦笑)

     

    「じゃあ、心配だし、火を使って調理しておけば、問題ないんだね(´∇`)♪」

    というのは、あまりに楽観的過ぎます…

    実は、「加熱することで栄養が失われる」というのは、間違いないんです!

    ただ、全部が全部、というワケじゃありません!

    そこで、次は、熱によって失われる栄養素について、詳しくお話していこうと思います。


    スポンサーリンク


    熱で減ってしまう栄養は?

    熱に弱いのは、

    • 水溶性ビタミン(ビタミンBやビタミンC)
    • 酵素

    などですね。

    つまり、レンジじゃなくても、加熱すれば栄養は失われるということです。

    逆に、加熱しても、栄養価がほとんど変わらない、脂溶性ビタミン(ビタミンA・ビタミンD・ビタミンE)などもあります。

    これらは、油で炒めると、吸収率がむしろ良くなるので、悪い側面ばかりではないんですよね。

     

    また、調理の時間方法(焼く・煮る・蒸すなど)によっても、栄養の損失度は変わってきます

    実は、レンジ調理の方が栄養が残っている、なんて場合もあります。

    例えば、ブロッコリーなんかがそうですね。

    burokkori

    茹でるよりも、チンした方が、調理時間が短いので、ビタミンC量が多いことがわかっています。

    他には、ほうれん草もそうなのですが、ビタミンだけでなく、結石ガンなどの危険性もある、シュウ酸も多く残ってしまうので、ちょっと悩みますね…

    個人的には、ほうれん草は茹でた方がいいかと。
    (栄養より病気の方が心配ですしね)

     

    栄養の損失を減らすためには、食材に合わせた調理をすることが大切ということですね(´∇`)

    せっかくなので、どう料理するのがいいのか、わからないという方のために、

    • 熱に強い野菜
    • 熱に弱い野菜

    も紹介しておきますね。

    熱に強い(栄養が失われにくい)野菜

    • 緑黄色野菜(ニンジン・ピーマン・ブロッコリーなど)
    • じゃがいも・さつまいも

     

    熱に弱い(栄養が失われやすい)野菜

    • 大根・カブ
    • レタス・きゅうり・ナス
    • やまいも

     

    こちらを参考に、加熱するか、生で食べるか、うまく選んでみてくださいね(^^)

    まとめ

    電子レンジで栄養が破壊されるのかどうか、いっしょに見てきましたが、いかがでしたか?

    結論としては、栄養が失われるのは事実です。

    でも、使い方しだいでは、栄養の損失を抑えることもできます。

    他の加熱方法と比べて、レンジだけが、異状に危険だと言われているのは、

    • 電磁波を使っている
    • 食物の分子構造にも影響が出る可能性がある
    • 栄養だけでなく、健康面への影響も考えられる(ガン・白内障など)

    この3点からだと思います。

    ただ、はっきりした証拠がないので、一応、今のところは問題なしという扱いになっています…

     

    最近では、電磁波を浴びることで体調が崩れる、電磁波過敏症なんて症状も出てきてるので、やっぱり何かしら影響はあるのかな~と、思っていた方がいいかも(^_^;)

    でも、まったく使わないのもキツいので、使用頻度を減らしたり、時間を短くして、上手に使っていきたいですね。


    スポンサーリンク

    関連記事

    1. carde01
    2. moyasi002
    3. mouse1
    4. hukutu
    5. damisim
    6. stand4
      • ミルク
      • 2015年 2月27日

      はじめまして。
      幾つか私の知っていることを書かせていただきます。

      >マイクロ波は水分子を振動させて~
      実は、振動は一切起きてなかったりします。
      化学の話になりますけど、水、H2OってOが分子量16、Hが1とプラスとマイナスでバランスがすごい悪い分子なのです。
      だから、電磁波という「変化」で簡単にそのバランスが崩されます。
      崩されるといっても、変化させようとする力に逆らおうとして、なのですが今度は水の分子同士が邪魔するから、そっぽ向いた力がちらほらと出てきてしまうわけです。
      これを水分子、じゃなくて水全体でみると、水全体が別方向を向いた力を生み出している、とみえます。
      その力、エネルギーはすぐに水の中に熱になって広まっていきますけど、これを何度も繰り返していけば、
      加熱できるというわけです。

      何が重要かというとあくまで影響するのは「バランスの悪い分子」に対してのみだから、
      「周りの食べ物の分子」がバランスが悪くなければ影響しないのです。

      >栄養素が減る
      実はこれ、実験の時にはブロッコリーを使って「減っている」と言ってます。
      じゃあ、なんで違うのかというと「調理方法」だったりします。
      実験の時はブロッコリーを水に浸したうえで電子レンジにかけて、
      ゆでたり、蒸したりしたものと比較しました。
      だから実験結果も「熱で水に溶けだす」が正しいのではないかと冷静に指摘されているのですが、
      こういった説はそういった後からの指摘を無視していたりします。

      ちょっと長文になりましたが、木建設って大本がすごい疑わしいところから始まっているので、
      注意してみたほうがよいものではあると思います。

        • dai
        • 2015年 2月28日

        コメントありがとうございます。

        >何が重要かというとあくまで影響するのは「バランスの悪い分子」に対してのみだから、
        >「周りの食べ物の分子」がバランスが悪くなければ影響しないのです。

        安定した分子だと、電磁波の影響は受けにくいんですね!
        じゃあ、栄養が何でもかんでも失われるわけではないんですね。

        >実験の時はブロッコリーを水に浸したうえで電子レンジにかけて、>
        >ゆでたり、蒸したりしたものと比較しました。
        >だから実験結果も「熱で水に溶けだす」が正しいのではないかと冷静に指摘されているのですが、
        >こういった説はそういった後からの指摘を無視していたりします。

        実験の調理で水を使ってたんですか(^_^;)
        それだと、壊れるよりも「水に溶け出す」の方が
        確かに正しそうですね。

        こうした情報って、大事な部分がスルーされてることが多いので、
        やっぱり鵜呑みにするのはいけませんね。

        貴重な情報提供ありがとうございます。

    1. 電子レンジの調理による変性に関しては、さまざまな情報がネット上にありますね。

      私もさまざまな情報の元ネタ、研究論文などを探してみました。
      その結果を私のサイトに紹介してあります。

        • dai
        • 2016年 5月17日

        コメントありがとうございます。
        電子レンジに関する研究もいろいろとされているんですね。
        とても勉強になります。
        教えていただき、ありがとうございます。

      • きーん
      • 2016年 9月1日

      電磁波に惑わされていると思うのです。
      実際は、レンジ内にある空気摩擦で
      調理します。一秒間に24億5千万回の空気振動
      この空気摩擦熱で加熱します。
      なので、そう心配する必要はないと考えています。

        • dai
        • 2016年 9月1日

        コメントありがとうございます。
        空気摩擦熱という考え方もあるのですね。
        一秒で24億回ってすごいですね。

        確かに、いろいろな視点で見ることは大切ですので、
        勉強になりました。
        ありがとうございます。

      • 2016年 9月1日

      電磁波過敏症は精神病と言われています。
      スマホや電子レンジには過剰に反応するけど
      もっと強い電磁波がでるものでも知らないと反応しない

      そもそも光は電磁波です。
      https://www.ushio.co.jp/jp/technology/glossary/material/attached_material_01.html
      過敏症なら光にも反応すべき

      光という電磁波をたくさん浴びた野菜を
      電磁波が危険だから電子レンジは使わない

      何か矛盾を感じます。

        • dai
        • 2016年 9月1日

        コメントありがとうございます。

        >電磁波過敏症は精神病と言われています。
        >スマホや電子レンジには過剰に反応するけど、もっと強い電磁波がでるものでも知らないと反応しない

        このお話は興味深いですね。
        病は気からと言いますが、わからないものに対しては反応しない。
        過度に心配し過ぎると思い込みでなってしまうこともあるかもしれませんね。

        確かに電子レンジの健康に関する問題は、
        良い意見悪い意見があり、矛盾を感じることは多いです。
        そこは各自で判断していくしかないのかなと私は思っていますが。
        とにかく過度な心配はしない方がいいと思いますけどね。

      • 2016年 9月5日

      電車で電磁波過敏症の人を見たことがあります。
      スマホに指をさして電磁波に恐怖して叫んでましたよ。
      私のスマホで電源を入れた状態で0.25Wです。
      通話時で0.5Wか0.6Wくらいでしょうね
      その叫んでいた人の後ろは運転席でした。
      列車の無線は1Wほどあるそうです。

      スマホよりスマホの基地局の電波の方が強い
      距離はあっても複数台カバーしないといけないので強い
      10Wから30Wくらいあるそうですよ

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    管理人:dai

    はじめまして。管理人のdaiです。

    このブログでは、私の経験や知識を交えながら、「本当に役に立つ情報」を心がけてお伝えしていきます。

    「トレンドニュース」に込めた思いについて以下の記事で書いているので、ぜひこちらもご覧になってみてください↓

    トレンドニュース誕生秘話を見る