食品添加物の危険性は嘘?ホントはどっち?

    この記事は3分で読めます

    「食品添加物は体に悪いから、食べないようにしましょう!!」

    多くの人が言ってるから、なんとなく信じてたけど、これってどうなの?

    今や、当たり前に入っている、食品添加物ですが、「発がん性がある」とか、よく危険だと言われていますよね。

    でも、まわりに流されて、勝手な思い込みだけで、悪者扱いばかりするのもどうかな~とも思います

    私自信も、そんなに良いイメージはなかったですけど(苦笑)

     

    どれほど危険なモノなのかは、調べてみないとわからない!

    というワケで、食品添加物の危険性について、徹底的に調べてみました!

    gum

    添加物について、正しく理解して、よくわからない恐怖を取り除いていきましょう!

    それでは、さっそくいきますよ~。


    スポンサーリンク


    どんな危険性があるの?

    よく言われるのは、

    • 発がん性
    • アトピー
    • 花粉症
    • 催奇形性(赤ちゃんに奇形を生じさせる性質)

    などですね。

    体に、様々な悪影響があると言われています。

    具体的に、危険と言われているものを挙げると、

    • 亜硝酸ナトリウム(発色剤)
    • OPP(防カビ剤)
    • カラメル色素
    • ソルビン酸、過酸化水素(保存料)
    • アスパルテーム、スクラロース(甘味料)

    などがあります。

    ただ、添加物は膨大に種類があって、さすがに、全部載せるのはムリなので、もっと知りたい方は、いろいろ調べてみるといいですよ。

     

    それと、気をつけたいのが、天然の添加物です !

    天然というのは、植物などから抽出したもののことですね。

    確かに、なんだか安心感がありますね。

    しかし、天然由来の添加物である、アカネ色素にも、発がん性があることが確認され、使用を中止した例もあります。

    しかも、天然添加物は、昔から使われてきているということで、ちゃんと安全性を確かめずに、使われているものが多いです。

    なので、これからどんどん危険なモノが出てくるかも…

     

    「 ひぃ~!添加物コワイ((((;゚Д゚))))
    これからは無添加のモノを買うようにしないと…」

    と思った方も多いと思います。

    最近は、無添加と書いてある商品もたくさんあるし、そういう商品を選んでいる方もいますよね。

    しかし、無添加だと本当に安全なのでしょうか?

    次は、この疑問について、考えていきましょう!


    スポンサーリンク


    無添加にはワナがある?

    無添加の商品って、

    • 保存料不使用
    • 合成着色料無添加

    のように、無添加の前に、いろいろな言葉がついてくることが多いんです!

    つまり、他の添加物はいろいろ付いてきますよ~ってことです…

     

    これで、無添加とか言われても、正直、腑に落ちないですよね(^_^;)

    だから、「無添加」という文字に安心してしまい、結局、添加物を摂り続けていた…なんてことも、十分ありえます。

    私も、これは気づいてませんでした(苦笑)

    言葉のマジックって、恐ろしいですね…

     

    無添加にも落とし穴があるとわかり、絶望を感じている方もいるかもしれません。

    しかし、嘆くのはまだ早いですよ!

    いちばん重要な部分を見過ごしていますから!

    それは、「量」についてです!

    実際に、どのくらい摂取すれば危険性があるかって、ちゃんと理解していますか?

    これを知っておけば、添加物も、そんなに怖いものとは、感じなくなると思いますよ(´∇`)ノ

    1日にどのくらいの量なら大丈夫?

    実は、添加物には、1日許容摂取量(ADI)といって、一生、毎日食べ続けたとしても、体への悪影響がないとされる量が設定されています。

    ok

    このADIは、マウスやラットなどの実験動物を使って、様々な実験をして、安全性を厳しくチェックします。

    「でも、人で実験してるワケじゃないから、そんなの信用できるの(´Д`)?」

    と思うかたもいるはずです。
    (私もそうでしたが…)

     

    この値は、人に当てはめるときは、

    無毒性量(各毒性試験の中でいちばん少ない量)÷安全係数=ADI

    という式で計算されています。

    安全係数というのは、影響を受けやすい個人差も考慮して、これなら安全という値を決めているんですね。

    しかも、値の上限いっぱい添加物が使われることは、ほとんどありません!

    そんなきわどいモノ売られても、困りますしね(苦笑)

    ちなみに、単位は、「mg/kg/日」で表し、1kgあたり、1日に〇〇mgなら毎日食べ続けても大丈夫という意味になります。

     

    東京都福祉保健局のHPに平成14・15年にADIを調査した時の結果があったので、こちらも見てみましょう↓

    添加物ADI
    (mg/kg/日)
    体重50kgあたりの1日の許容摂取量摂取量がADIに占める割合(%)
    赤色2号0.5250.02
    黄色4号7.53750.13
    亜硫酸0.7350.44
    ソルビン酸2512501.08
    アスパルテーム4020000.29

    こうして見てみると、ADIの1%くらいしか、摂取していないことがわかりました。

    他の添加物についても、だいたい1%、多くて数%くらいでした。

    厚労省のHPで、最新のADI調査の結果も見ることができるので、気になる方は、チェックしてみるといいですよ。

     

    データを見てみると、心配する程の摂取量なんて、まったく達していないことがよくわかりました。

    上限いっぱい摂取しようと思えば、普通じゃありえない量食べないとまずムリですからね~(苦笑)

    なので、気にしすぎだったのかな?

    かなり安心しましたε-(´∀`*)ホッ

    最後に…

    今回は、食品添加物の危険性の信ぴょう性について、お話してきましたが、いかがでしたか?

    食品添加物が体に良くないというのは、確かですが、日常的に食べる分には、特に問題ないと言っていいですね(´∇`)

    ただ、アカネ色素みたいに、突然、「これは危険でした」なんてこともあるので、ちょっと不安な点もありますが(^_^;)

    でも、危険な量を摂取してる可能性はかなり低そうなので、気にしすぎる必要はないかと。

    テレビなんかの情報で、かんたんに決めつけてしまうのは、やっぱよくないですね(苦笑)

    これからは、添加物とも上手に付き合っていこうと思います。


    スポンサーリンク

    関連記事

    1. yakiniku
    2. kabotya
    3. bentou
    4. nomikomu
    5. unagi
    6. hukutu
      • ユ スナ
      • 2014年 10月22日

      余りにも食品添加物について、簡単に考えて過ぎていて驚きました。これを、信じて子育てしている親がいたらと思うと心が痛みます。
      企業主義のこの日本においては仕方のない事かもしれませんが。

        • dai
        • 2014年 10月22日

        コメントありがとうございます。

        確かに私の考え方は、ユ スナさんのように
        食品添加物に対して強い不安を持っている方からすると、
        楽観的な意見だとも思うかもしれませんね。

        それでも、添加物を完全に摂らない生活をするというのは
        なかなか難しいので、ある程度の妥協も必要なのかなと
        考えています。

        ただ、私も食品添加物に関しては
        よくわかっていない危険性などもあるので、
        私もできることなら、なるべく控えたいですけどね…

        • 雀鬼
        • 2015年 11月4日

        食品添加物=危険物と決めつけるのはいかがなのでしょうか?
        確かに危険なものもあるかもしれませんが、上記の通り一般量摂取し続けても不安のない量しか添加されていません。
        それに筆者があたかも楽観的かのようなコメントですが、記事を読む限り食品添加物について熟考しておりそんなことはないと思います。

      • 屋良内科
      • 2014年 10月31日

      初めまして!yahoo検索で人工甘味料について調べていたらお見かけしたもので、コメントさせて頂きます。

      実は私も人工甘味料をよく使っていたのですが、危険だという情報があまりにも多くて止めました。
      そして普通の砂糖に変えたのですが、なにせ甘党なもので…全っ然甘味が足りない上に、今度は糖の過剰摂取になる!と危機感を抱いております(笑)

      最近一周回って新たな情報も出てきたようで、人工甘味料の危険性にはデマもある!という話も出ていますね。
      よくダイエットシュガーにお世話になってた私としては、ちょっとありがたかったり(笑)
      1日1回、コーヒーに小さじ1くらいはいいのかな?と考えています。
      摂りすぎがよくないのは、天然も人工も同じことです。だから何がいい悪いより、要は節度ということですね。
      なので私も控え目に摂取しつつ、いずれは甘味料離れできるように頑張ります!

      でも一番のベストはやっぱり天然なんですよね。なので食品も、家庭菜園で農薬控え目とかだきるようになりたいです。

      不安を少し解消して下さる嬉しいブログでした(^^)ありがとうございます♪

        • dai
        • 2014年 10月31日

        コメントありがとうございます。

        人工でも天然でもやっぱり摂り過ぎは
        気をつけたいですよね。

        なんでもほどほどにバランス良くがいちばだと思います。

        >最近一周回って新たな情報も出てきたようで、人工甘味料の危険性にはデマもある!という話も出ていますね。

        そうなんですね!
        添加物の情報は、急に変わったりするので、
        あんまり信じすぎるのもやっぱり良くないですね…

        天然の野菜とかいいですよね~。
        私もできることならやってみたいです。

        こちらこそ、嬉しいコメントありがとうございます(^^)

      • やまぐ
      • 2015年 8月1日

      最近添加物は悪い!といった分かりやすく食い付き易い見出しをつけ
      悪いとこだけ取り上げてる記事ばかりで
      こういった利点や安全性を書いている記事が少なく、添加物に対して不安を抱いていました。。
      けどやっぱ安全性が認められている量より遥かに少ない量しか使われていないので、過敏になりすぎる必要はないと思えました。
      目に入る情報だけで人の考えは左右されちゃいますしね。
      添加物が入ってる=危険、なのではなく
      質の悪い食品を添加物でごまかす為に使用しているのか
      普通の食品をより美味しくする為に、又は食中毒を防いだり食品ロスを減らすために使用しているのか
      を判断する事が大切なんじゃないかなと思いました(*^^*)
      でも、添加物業界もアンチを活用して、私たち消費者が安心出来るよう添加物をより安全なものにしていってほしいですね!

        • dai
        • 2015年 8月1日

        コメントありがとうございます。

        確かに食品添加物に関しては、ひたすら良くない部分だけを取り上げていることが多いですよね。
        ただ、それを鵜呑みにせずに、自分でいろいろ考えてみることが大事だと私も思います。

        添加物は安全性がよくわかっていないものも多いので、本当に安全・安心できるものになって欲しいですね!

      • エウル
      • 2016年 2月14日

      データの出典もありますので凄く的を得た記事だと思います。
      私が見て居る限り、決めつけている記事程外部データの出典に乏しい傾向がある様に見受けられます。
      自分で考える事が重要、私もそう思います。

        • dai
        • 2016年 2月14日

        コメントありがとうございます。
        確かに偏った内容の記事は、主観的な部分が強く出ていることが多いので、「これは本当に正しいのか?」ということを自分でいったん考えるようにした方が良いと考えています。
        今の時代は情報が溢れかえっていますから、自分で考えることはとても大切ですよね。

      • タコさんウィンナー
      • 2016年 9月21日

      これは完全に主観というか体感ですけど、やっぱり添加物はなるべく取らないほうが良いと思う。
      ここ数年、極力添加物を減らすようにしたら体の調子が良い。
      風邪を全然ひかなくなったし、今までよく偏頭痛に悩まされたがそういうこともなくなった。
      やっぱり人間の体って食べ物で出来てるんだな^と実感。

      やっぱり添加物は安全安心とは言えないと思う。

        • dai
        • 2016年 9月21日

        コメントありがとうございます。
        食べ物によって体調の変化を実感されているので、かなり体の感覚が鋭いようですね。

        私も健康を意識して、食に気を使うようになってから、外食が続いたりすると体がだるく感じたりもします。
        なので、できるなら摂らない方が良いと思っていますが、完璧に断つのは難しいですからね…
        確かに安心安全とは絶対に言い切れないので、不安な部分はありますよね。
        やっぱりなるべく控えるというのが、今は一番良い選択だと思います。

      • コーヒー
      • 2016年 9月24日

      私は食品添加物は特に問題ない派ですね。
      品質を保つために入ってることもありますし。

      ADIなどの基準の厳しさを考えれば添加物を避けて体調が良くなったという人は食事の栄養バランスや生活リズムなどを見直したおかげや単なるプラシーボ効果と考えた方が自然なくらいです。
      発がん性にしても排気ガスやコーヒー、タバコ、酒など添加物だけの問題ではないですし。
      そもそもほとんどの人は添加物がどうの以前の問題の人が多いです。

      私も最近の人は気にしすぎだと思いますね。まず先に見直すところがあるだろ…と

        • dai
        • 2016年 9月24日

        コメントありがとうございます。

        添加物以外の生活習慣も健康には大きく関わってきますよね。
        本当に健康を考えるなら、確かに生活全般の改善が必要だと思います。
        気にしすぎるのも、かえって精神的に良くないですしね…

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    管理人:dai

    はじめまして。管理人のdaiです。

    このブログでは、私の経験や知識を交えながら、「本当に役に立つ情報」を心がけてお伝えしていきます。

    「トレンドニュース」に込めた思いについて以下の記事で書いているので、ぜひこちらもご覧になってみてください↓

    トレンドニュース誕生秘話を見る