コンタクトの度数の見方!視力も公式でわかるの?

    この記事は3分で読めます

    「通販でコンタクト買いたいんだけど、度数の見方がよくわからん…(^_^;)」

    安いから、ネットで買いたいのに~(>_<)

    私はコンタクトは、近くのお店で買ってたのですが、ネットだとかなり安いんですね…

    店舗と大した変わらないと思って、気にしてませんでしたが(苦笑)

    安さにつられ、購入しようと思ったけど、1つ問題が…

    それは、コンタクトの度数の見方です!

    contact

    手元にあるコンタクトの箱を見ても、

    「なんかいろいろ数字が書いてあるけど、どれが度数なの(´Д`)?」

    と、正直よくわかりません。

     

    「日本語で『度数』って書いてくれれば、何も困らないんだけどなぁ…」

    と愚痴ってもしょうがないので、自分で調べてみることに!

    度数の見方でお困りの方には、バッチリ役に立つと思いますよ~(^^)

    ぜひ最後までご覧くださいね。


    スポンサーリンク


    どうやって見ればいいの?

    抑えておきたいのは、この3つです!

    • D(度数、「POWER」、「SPH」と表記されることも)
    • BC(ベースカーブ)
    • CYL(乱視度数)・AXIS(乱視軸)

    と言っても…

    これだけでは、よくわからないと思うので、順に詳しく見ていきましょう!

    D(度数)

    いちばん大事な度数です!

    これがわからないと、どうしようもないですからね(笑)

    近視の場合だと、度数は、

    「-(マイナス)〇〇」

    になっているはずです。

    例えば、-5.00とかですね。

    このマイナスというのは、近視のことを表していて、数字が大きいほど近視が強い、ということになります。

     

    ちなみに、

    • +だと遠視(値が大きいほど遠視強い)
    • プラマイ0で度なし

    という意味ですよ!

     

     「度数も分かったし、これで十分じゃん(´∇`)」

    と思う方もいますが、これだけで判断すると、後で痛い目を見ます…

    後悔したくないなら、次の、BC(ベースカーブ)についても、しっかり理解してくださいね(笑)


    スポンサーリンク

    BC(ベースカーブ)

    ベースカーブとは、コンタクトレンズのカーブの曲がり具合を表したものです。

    値が小さいほど、カーブがキツく
    値が大きいほど、カーブがゆるくなります。

    イメージとしては、こんな感じでしょうか↓

    このカーブが、目のカーブと合わないと、コンタクトがずれやすくなったり、目が痛くなったりしてしまいます。

     

    他にもいくつか数値はありますが、度数ベースカーブさえ抑えておけば、基本的には問題ありません

    実際に、いくつか通販を見て確認しましたが、必要なのは、度数とベースカーブだけでした。

    ただ、乱視の人は、CYL・AXISについても知る必要があるので、こちらも解説しておきますね!

    CYL(乱視度数)・AXIS(乱視軸)

    乱視度数とは、その名の通り、乱視の度数を表しています。

    こちらも、度数の時と同じで、値が大きいほど、乱視の度合いが強いです。

    乱視軸とは、乱視の角度のことで、0~180°で表されます。

    例えば、AXSISが90だと、

    90°の方向が乱視になっている(視界の上下がぼやける)

    ということですね。

     

    これで、度数の見方はバッチリです!

    せっかくなので、よりわかりやすいように、私のコンタクトレンズで、実例もお見せしておきますね。

    contakutodosuu

    Dが度数で、BCがベースカーブですね。

    つまり、度数が-5.50で、ベースカーブが8.6ミリということになります。

    DIAというのは、レンズの直径です。

    基本、メーカー毎で1つの値に統一されてるので、気にしなくてOKです。

     

    最後に、おまけみたいなものですが、度数から裸眼の視力を判断する方法を教えちゃいます!
    (意外と知りたい人が多いみたいなので…笑)

    視力がわかる計算式とは?

    その方法とは、こちらのかんたんな式で答えがでます↓

    0.4÷度数=裸眼での視力

    はい、小学生レベルの公式ですね(笑)

    でも、これはあくまで目安にしかならないので、あまり信用はし過ぎないように(^_^;)

    試しに、私の場合だと、

    0.4÷5.50=約0.07

    となりました。

    補足

    こちらの公式に関して、ななんさんからこんなコメントを頂きました↓
    (コメントありがとうございます)

     

    0.4÷度数=裸眼での視力
    これはコンタクトレンズを入れたときの矯正視力を
    1.0に調整しているときの裸眼の視力が出ますね。
    矯正視力を1.0より低め例えば0.8程度にしていると、
    「もうちょっと裸眼の視力は悪かったんじゃないかしら?」と疑問に思うかもですね。

    裸眼0.3の人は
    -1.25で1.0の矯正視力
    -0.75で0.8の矯正視力
    って感じですね、きっと。

     

    私は言われて「へぇ~!」ってなりました。
    ぜんぜん気づかなくてすみません…(苦笑)

    この公式って、矯正視力が1.0を基準にして考えているんですよね。

    だから、私の例で言うと、

    矯正視力=裸眼視力×度数÷0.4=0.07×5.50÷0.4=約1.0

    こんな感じです。

    なので、この公式は矯正視力が1.0の時に成り立つ公式ですよ、ということです。

    補足ここまで

     

    だいぶ前に眼科で測ったので、うろ覚えですが、正確には、もうちょい悪かったはずです(苦笑)

    でも、大まかな視力を知りたい方は、ぜひ計算してみてくださいね。

    ちゃんとした値を知りたいなら、迷わず眼科へ行きましょう(笑)

    最後に…

    コンタクトの度数の見方について、お話してきましたが、十分に理解はできましたか?

    度数ベースカーブがちゃんとわかっていれば、通販でも、気軽にコンタクトが買えますよ!

    眼科で処方箋だけもらっちゃえば、いつでも買えるので、楽ちんですね(´∇`)

    これで安心して、ネットで買えるぞ~(笑)


    スポンサーリンク

    関連記事

      • れいこ
      • 2015年 2月1日

      めっちゃめっちゃ参考になりました(;_;)(;_;)(;_;)(;_;)

        • dai
        • 2015年 2月1日

        コメントありがとうございます。

        お役に立てたようで嬉しいです(^^)

      • ななん
      • 2016年 9月1日

      0.4÷度数=裸眼での視力
      これはコンタクトレンズを入れたときの矯正視力を
      1.0に調整しているときの裸眼の視力が出ますね。
      矯正視力を1.0より低め例えば0.8程度にしていると、
      「もうちょっと裸眼の視力は悪かったんじゃないかしら?」と疑問に思うかもですね。

      裸眼0.3の人は
      -1.25で1.0の矯正視力
      -0.75で0.8の矯正視力
      って感じですね、きっと。

        • dai
        • 2016年 9月1日

        コメントありがとうございます。
        確かに矯正視力はだいたい1.0になりますね。
        ぜんぜん気づきませんでした(^_^;)

        追記しておきますね。
        ご意見ありがとうございます。

      • ニャム
      • 2016年 9月21日

      度数から視力を計算する方法を検索していて見つけました!
      とても参考になる記事をありがとうございました。

        • dai
        • 2016年 9月21日

        コメントありがとうございます。
        参考になったようで何よりです(^^)

    1. こんにちは!
      カーブは緩いとキツイで表現します。
      大きいとゆるいでは同じような意味になってしまいます。
      http://www.aichinarumi.com/archives/610
      それから軸が90°の場合ボヤけるのは180°方向なので180°方向に度数がはいります。
      基本的に乱視矯正に使うシリンダーと言うものは軸方向に度数はゼロで軸と直交する方向に度があります。

        • dai
        • 2017年 11月14日

        ご指摘ありがとうございます。
        確かに同じ意味になってしまいますよね。
        修正しておきました。

    1. この記事へのトラックバックはありません。