迎え火と送り火の日にち!時間は?いつやればいいの?

    この記事は2分で読めます

    お盆には、送り火迎え火をする習慣があるんですね。

    ウチでは、やることがなかったので、この前テレビ番組を見て、初めて知りました(^_^;)

    普段なら、「へぇ~、そうなんだ~」と軽く流していると思うんですが、今年はちょっと事情があって、心に引っかかったんですよね。

     

    実は最近、祖父がガンになってしまい、かなり末期の状態で、病状もあまり良くないんです…

    こうした背景もあって、身内が亡くなってしまっても、お盆にはお家で迎え入れてあげたいな~と思ったんですね。

    そこで、今後することもあるかと思い、迎え火と送り火をする日にちや時間について、詳しく調べてみました。

    mukaebi

    初めて、送り火・迎え火をする、という方は、一緒に見ていきましょう。

    これで、適切なタイミングが把握できるので、ぜひ参考にしてみてください。


    スポンサーリンク


    日にちは大きく2つある

    まず、日にちについてですが、大きく分けて、

    • 7月13~16日に行う
    • 8月13~16日に行う

    このどちらかに行うことが多いです。

    最近では、全国的に8月がほとんどで、7月にするのは、東京辺りの1部の地域みたいですね。

    ただし、例外もあって、沖縄なんかでは今でも、旧暦の7月13日~16日に行われています。
    (今で言うと、8月~9月ぐらいに当たります。その年によって日にちはまちまちです)

    もともとのお盆は、この期間のことを指します。

     

    新暦に変わった時に、そのまま7月に当てはめたか、旧暦の時期と合わすために、1ヶ月ずらしたかで、このように2通りのお盆ができたワケですね。

    ちなみに、8月が多い理由には、新暦が採用された当時は、7月だと農作業が忙しくて、準備もままならないので、一段落ついた8月に行うのが主流になったという説もあります。

    基本的には、8月の13~16日にするものなんだと覚えておけば、大丈夫だと思います。

    ただ、地域によって、細かい違いがあるので、その辺は、柔軟に対応してくださいね。

     

    でも、これだけでは、

    • 朝がいいのか?
    • 昼がいいのか?
    • 夜がいいのか?

    時間的な問題が解決できていませんよね…

    なので、次は、迎え火と送り火の時間はいつがいいのか?ベストなタイミングについて、より詳しくお話していきます。


    スポンサーリンク

    いつやるのがいいの?

    迎え火

    13日の夕方というのが一般的です。

    「なんで夕方?」

    と思ったのですが、これは、亡くなった方の霊は、暗くなってから動き出すという考え方があるからなんだそうです。

    なので、少し薄暗くなってきた頃に、火を灯してあげて、「あなたのお家はここですよ」と目印を作ってあげているんですね。

    ご先祖さまにも、「返って来てくれてありがとう」という気持ちが伝わり、きっと喜んでくれているはずですよ(´∇`)

     

    迎え火には、こんな意味があったんですね。

    次は、送り火について見てみましょう。

    送り火

    16日の夕方に行うのが一般的です。

    でも、15日にやる所もけっこうあるみたいですね。

    一応、15日がお盆の最終日なので、

    • お盆が終わる前に送り出すか
    • お盆が開けてから送り出すか

    の違いなので、バラつきが出やすいんですかね。

    個人的には、長く居てもらいたいので、16日がいいな~とは思いますが。

    ご先祖さまが、ちゃんと元の場所に帰れるように、という意味が込められているんですよ。

     

    でも、ちょっと疑問に思ったこのですが、送り火って、帰る場所の目印にはなりませんよね?

    家の前で焚いてるワケですし…

    なので、ご先祖さまがちゃんと帰れるのか、心配になってしまいました(^_^;)
    (考え過ぎかもしれないけど…苦笑)

    「焚いた火の煙が、天国にまで導いてくれるのかな?」と勝手な解釈をしてみましたが、本当のところはどうなんでしょうかね?

    ハッキリした答えが見つからず、少しモヤモヤしてしまいました…

    まとめ

    これで、迎え火・送り火の日にちや時間はバッチリです。

    最後に改めて確認しておくと、

    • 迎え火…8月(もしくは7月)の13日夕方
    • 送り火…8月(もしくは7月)の15日か16日夕方

    となります。

    お盆だけでも、毎年会えると思うと、悲しい気持ちも少しは和らぎますね(^^)


    スポンサーリンク

    関連記事

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    管理人:dai

    はじめまして。管理人のdaiです。

    このブログでは、私の経験や知識を交えながら、「本当に役に立つ情報」を心がけてお伝えしていきます。

    「トレンドニュース」に込めた思いについて以下の記事で書いているので、ぜひこちらもご覧になってみてください↓

    トレンドニュース誕生秘話を見る