鏡餅はいつまで飾る?正月飾りは?一般的な日にちを紹介!

    この記事は2分で読めます

    「鏡餅って、いつまで飾っておけばいいんだろ?
    ちゃんとした日にちとかあるのかな?」

    お正月の定番と言えば、鏡餅

    毎年、お決まりで飾ってるけど、いつまで置いておくのがいいかわからない方、いませんか?

    私の家でも、毎年鏡餅を飾っているのですが、飾る日も食べる日も、あんまり気にしてなかったんですよね…(苦笑)

    でも、誰もがやってる伝統的な行事だし、ちゃんと期限があるんだろうなぁ、と、なんとなく気づいてはいたんですが…

    さすがにもういい年なので、こうした、常識的なことは覚えておいた方がいいよね…、ってことで、この機会に調べてみることにしました!

     

    「あっ、やばい…
    実は、私も知らないわ…(^_^;)」

    という方は、私といっしょにお勉強しましょう(笑)

    小難しいことは抜きにして、わかりやすく解説していくので、まあ気楽に聞いてくださいね(´∇`)


    スポンサーリンク


    最適な期間は?

    kagamimoti

    鏡餅を飾る期間は、一般的なのは、

    • いつから?:12月28日
    • いつまで?:1月11日

    です。

    これには、ちゃんとした理由もあるんですよ~。

    ここからは、その理由を詳しく見ていきましょう!

    どうして28日に飾るのがいいの?

    28日は「8」があるので、末広がりで、縁起が良いとされているからです。

    しかし、29~31日にやるのは、あまりよろしくないと言われています。

    なぜかというと、

    • 29日…9が「苦」を連想させてしまう
    • 30日…新暦だと問題ないけど、旧暦だと大晦日にあたるので(31日と理由は同じ)
    • 31日…「1夜飾り」と言って、ギリギリなのは神さまに失礼とされる

    とまあ、このような理由があるからです。

     

    ちなみに、今では、29日は「フク(福)の日」とも読めるので、良い方にとる方もいるみたいですね。

    もし28日を過ぎてしまった場合は、遅くとも30日までには、飾っておきましょう!

    では、次は、片付ける日について、詳しくご紹介していきます。


    スポンサーリンク


    11日が良い理由は?

    これは、単純に1月11日が、鏡開きだからです。

    ですが、関西では15日のところが多いそうです。

    曜日とかは関係なんですね~。なんか勝手に日曜日とかだと思ってました…(苦笑)

    ちょっとした豆知識ですが、もともとは、鏡開きは1月20日だったんですよ!

    徳川家の3代将軍である、徳川家光の命日が4月20日なので、

    「20日だと家光様の命日だし、気まずくないですかねぇ…?(^_^;)」

    とこんな意見が出て、11日に変更されたそうです。
    (たぶん、現代風にしたらこんな感じたと思います…苦笑)

     

    ちょっと賢く慣れる雑学も披露したことだし、私としては、十分満足なんですが、正月は、おもちの他にも、しめ縄などの正月飾りを飾るところも多いはず!

    こちらも、「いつしまえばいいの~?」と悩む方が多いところだと思います。

    なので、ここからは、正月飾りを片付ける日について、お話しますね。

    正月飾りの場合は?

    kadomatu

    正月飾りと言えば、

    • 門松…年神様を招き入れるための目印
    • 中蓮飾り(しめ縄)…家が神聖で清らかなところであることを示す

    などが有名ですよね。

    飾る日は、鏡餅といっしょでOKです。

    つまり、12月28日ですね。
    (理由も同じく)

     

    しかし、片付ける日は、ちょっと違います!

    正月飾りの場合は、1月7日なんですね。

    それはなぜかというと、「松の内(正月飾りを飾る期間)」が、一般的に7日までとされているからです。

    そして、15日にどんど焼きで燃やして、健康・長寿などをお祈りします。

     

    実は、この松の日も、もともとは15日でした…
    (今も15日のところはあります)

    その理由は、先ほどの家光様が関係してます。

    鏡開きがずれて、こっちもずれたんですね…

    とまあ、先ほどの雑学は、ちょっとした伏線になってました~(´∇`)

    最後に…

    鏡餅や正月飾りをいつまで飾るのか?について、お話してきましたが、いかがだったでしょうか?

    改めて、まとめると、

    • 鏡餅:12月28日から1月11日まで
    • 正月飾り(門松・しめ縄):12月28日から1月7日まで

    こうなります。

    鏡餅は、神さまにお供えする大切なものです。

    正しい日にちを覚えて、より良いご利益を頂きましょう。

     

    ちなみに、鏡餅を食べる時は、包丁で切らない方がいいんですよ!

    武士の時代からある習慣なので、刃物は切腹をイメージさせるので、良くないそうです。

    なので、正式な方法では、木槌などで叩き割ります

    やってみたい方はどうぞ。

    ただ、餅が飛び散りそうで、掃除が大変そうですけどね…(苦笑)


    スポンサーリンク

    関連記事

    1. mukaebi2
    2. onsyakisyaheisya
    3. kabotya
    4. otosidama
    5. kagamimoti1
    6. ouinnatuin
    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    管理人:dai

    はじめまして。管理人のdaiです。

    このブログでは、私の経験や知識を交えながら、「本当に役に立つ情報」を心がけてお伝えしていきます。

    「トレンドニュース」に込めた思いについて以下の記事で書いているので、ぜひこちらもご覧になってみてください↓

    トレンドニュース誕生秘話を見る