お年玉の相場!甥や姪にはいくらあげる?

    この記事は2分で読めます

    「甥っ子や姪っ子にお年玉あげなきゃな~。
    でもいくら渡せばいいんだろ?」

    少なすぎても、多すぎても何か言われそうだし、お年玉の金額には、頭を悩ませますよね…

    最近、周りの友達にも、甥や姪ができて、お年玉をあげるという人もちらほら出てきました。

    私のところでは、そんな話は全くないけど(苦笑)

    自分も妹がいるので、そのうち同じ状況になると思うと、お年玉事情が心配です…

     

    じゃあ今のうちに、相場を知っておこう(´∇`)!

    ってことで、今回は、甥や姪にあげるお年玉の相場について、リサーチしてみました。

    otosidama

    こども達にいくらあげようか悩んでいるあなたは必見ですよ!

    それでは早速ご紹介していきます。


    スポンサーリンク


    一般的な相場は?

    ネットの調査結果や、友人、家族の話を聞いて、まとめてみると、だいたいこんな感じになりました。

    お年玉の相場表

    甥・姪の状況相場(1番多かった意見)
    幼稚園1,000~3,000円(1,000円)
    小学生(1~3年)1,000~5,000円(3,000円)
    小学生(3~6年)1,000~6,000円(5,000円)
    中学生3,000~10,000円(5,000円)
    高校生5,000~10,000円(10,000円)
    大学生5,000~20,000円(10,000円)

     

    自分の時は、どのくらいもらったかな~と考えてみると、だいたいこの範囲に入りますね。

    なので、世間とのズレはそこまでなくて、ちょっと安心しました…ε-(´∀`*)ホッ

    まあ、もっと多くくれても、全然良かったんですけど(笑)

    それと、赤ちゃん~幼稚園児くらいの、かなり幼い場合は、お金ではなく、お菓子をあげる方もけっこういるみたいです。

    kukki-

    確かに、小さい子には、お金よりもお菓子の方が、嬉しいかもしれませんね!

    甥っ子ちゃんたちが小さいなら、この手でいってみてはいかがでしょうか?

     

    しかし、これだけでは問題になるのが、お金の格差です!

    • お兄ちゃんの方が多くもらってズルい…
    • ウチはあなたの子にこれだけあげたのに…

    などなど、下手すりゃ修羅場になってしまう危険性もある問題です…(^_^;)

    子どもの時から、お金のトラブルはイヤですよね…

    そこで、次は、このトラブルを防ぐため、みなさんはどんな工夫をしてるのか?いくつか紹介したいと思います。


    スポンサーリンク

    トラブルを防ぐためのルールをつくろう!

    多かった意見は、こちらの3つ↓

    • 常に一律の金額
    • 年齢×〇〇円(〇〇は500円とか1000円)
    • 小学1年で1000円から始まり、学年が上がるにつれ1000円アップ(上限1万円)

     

    金額を固定する or 年齢に応じて金額を増やす

    このどちらかのルールを作るのがいいですね。

    これならケンカにもなりません!

    中には、

    「いくつになっても1000円しかあげません!」

    という意見もありました(笑)

    さすがに中学生以上になると、ちょっと厳しいような…(^_^;)

     

    私がいちばん良いと思ったのは、3つ目ですかね。

    高校に入るまで、毎年1000円アップで、その後はずっと1万円で固定、という方法です。

    数えやすいし、ちょうどいいくらいの金額じゃないかな~と思いました。

    これで、子どもたちのケンカはなくなると思いますが、こどもの人数によって、親の間で金額にかなり差がでることもありますよね?

    これについては、親同士で話し合って、折り合いをつけるしかないです…

    こどもみたいにケンカせず、冷静に話しあいましょう(苦笑)

    まとめ

    甥・姪にあげるお年玉相場について紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

    これで、だいたいの目安はついたはずです。

    悩んだら、

    • 年齢で金額を決める
    • ずっと同じ金額にする

    このどちらかを試してみるといいかと。

    でも、調べてて思ったのが、最近は、幼稚園とか、かなり小さい時からお年玉あげてるんですね…

    私はその頃はもらった記憶がないので、なかなか衝撃的でした(^_^;)


    スポンサーリンク

    関連記事

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。