腰痛の寝方!仰向けでの痛みを改善する方法はこれ!

    この記事は3分で読めます

    朝起きたら、腰痛がひどくなってる…

    一晩寝れば、腰の痛みも落ち着くだろう、と思ってたら、よけい悪化していた、なんてことありませんか?

    寝るときの姿勢って、すごく重要で、腰への負担の大きさも、かなり変わってきます。

    腰痛になったら、いちばん楽なのは横向き、とよく言われますが、普段、仰向けで寝ている私には、肩が痛くて、朝まで寝られない…

    確かに、横向きって、腰は楽だけど、「長時間は寝てられないよ~(> <)」って言いたくなります。

    あと、体の片側だけに負荷がかかるので、体の歪みも心配…

     

    「仰向けでも、腰への負担を減らして、楽に寝ることはできないの?」

    って思う人も、けっこういますよね?

    そこで、今回は、仰向けで腰痛の痛みを抑える寝方を紹介したいと思います。

    腰痛は辛いけど、仰向けじゃないと寝られない!

    という人は、ぜひ参考にしてみてくださいね(^^)

    それでは、さっそくいってみましょう!


    スポンサーリンク


    仰向けで寝るのが辛いならコレ!タオルコルセット!

    私が、寝る時にやっているのがコレ↓

    taorukol

    タオルを腰に巻くだけ

    タオル版コルセットといった感じですかね。

    このタオル巻きが、なんでいいのかというと、寝ている間の、余計な動きを抑えてくれるからです。

    睡眠中って、無意識なので、変に動いたりして、腰回りの筋肉を痛めてしまう、なんてことが、意外とあります。

    これで、朝起きたら腰痛が悪化した、なんてことは、少なくなるはずです。

     

    作り方はかんたん。

    1. バスタオルをタテに2つ折りにする
    2. 腰からお尻にかけて、タオルで覆うようにして、キツく巻きつける
    3. タオルを上の部分を外に折って、ずれないようにすれば完成!

     

    これを寝る前に巻いて、あとは、そのまま仰向けで寝るだけ。

    ポイントは、

    • キツく巻く
    • 取れないように外折りをする

    この2点は、しっかり意識してください。

    服の上からするので、隙間ができやすく、朝までに、ゆるくなったり、取れたりする可能性もあります。

    これじゃ効果がなくなっちゃうので、この2つは、十分気をつけてくださいね!

    実際に、このタオルコルセットをして寝ると、次の日の痛みは、かなり軽くなりました。

    何もしないで寝ると、朝から、「腰痛いな~」となるのですが、タオルで巻いておくと、その痛みがほとんどない!

    私はけっこう、寝返りをうったり、寝ている間に、動いていることが多いんですよね。

    その際に、脚をバタバタ動かして、急な痛みが走ることもなく、朝まで、安心して眠れるようになりましたよ(^^)

     

     でも、この方法、私みたいに、症状が軽めの場合なら、これだけでも十分なのですが、

    「寝る前から痛くて、まず寝付けないんだけど…」

    という人には、これだけだと厳しいと思います。

    だって、痛過ぎて、眠れないんだから、寝ている間の対策だけじゃ、どうしようもないですよね(^_^;)

     

    そんなあなたのために、とっておきの解決策もあります!

    激痛で睡眠不足が続いているなら、迷わず続きをどうぞ!


    スポンサーリンク


    腰への負担を減らす!ヒザ下クッション!

    その解決策とは…

    ヒザ下にクッションを置くだけ!

    kussyon

    こんな感じの、普通のクッションでOKです。

    いろいろ調べていると、

    「ヒザ下に丸めたタオルを置くのがいい」

    ってあったんですね。

     

    それで、やってみたんですが、

    「ん、あんまり変わんないな…」

    となって、クッションに変えてみたら、かなり楽になったんです(´∇`)
    (あと、タオルだと長時間は痛かった、ってのもありますが…)

     

    なんでコレが効くのかというと、腰への負荷が、脚にも分散されるからです。

    仰向けで寝ていると、腰が反った状態になり、負荷のほとんどを腰で受け止めることになります。

    それだけ、腰が圧迫されるので、ただでさえ痛いのに、さらに痛くなってしまうんです。

    ヒザ下クッションをすることで、脚にも重心ができて、腰に集中する負担を、減らしてくれるんですね。

    実際にやってみて、仰向けで寝ているときに感じる、腰の重みが、スーッっと軽くなりました。

    その分、ヒザから下にかけて、重みが移動した感覚です。

    クッションなので、脚が痛くなることもなかったです。

     

    ただ、残念なのが、寝る前の激痛が、完全になくなるのか、はっきりと断言できないことです…

    私の腰痛が、そこまでひどくないので、寝る前の痛みの変化を体感できてないんですよね(^_^;)

    なので、あなた自身で、変化を体感してみてください。

    それでも、腰回りが楽になったのは本当で、腰に良いことだけは断言できます

    とりあえずでもいいので、やってみてくださいね。

    程度の差はあれ、何もしないよりは、必ず楽になると思います。

    最後に…

    仰向けで寝るときの、腰の痛みを改善する方法について、お話しましたが、いかがだったでしょうか?

    今すぐにできる方法なので、さっそく試してみてくださいね!

    症状が軽い場合は、腰にタオルを巻くだけでも、朝の痛みがかなり違うと思いますよ!

    私もこれで、寝るときの腰痛の不安が、一気に解消されたので。

    これで、腰痛を気にせず、ちゃんと寝れるようになるといいですね(^^)

    ※もし、症状が改善されず、痛くて眠れない…という場合は、かなり重症の可能性もあるので、迷わず病院に行きましょう。


    スポンサーリンク

    関連記事

    1. musiba
    2. suimin
    3. youtsuusutoretti02
    4. taorumakura
    5. kubiitai
    6. ari
    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    管理人:dai

    はじめまして。管理人のdaiです。

    このブログでは、私の経験や知識を交えながら、「本当に役に立つ情報」を心がけてお伝えしていきます。

    「トレンドニュース」に込めた思いについて以下の記事で書いているので、ぜひこちらもご覧になってみてください↓

    トレンドニュース誕生秘話を見る