肘の腱鞘炎はパソコンが原因?3つの対策で痛み改善!

    この記事は4分で読めます

    「激しい運動なんかした覚えは全くないのに、右肘が痛い…
    えっ、パソコンのし過ぎが原因なの!?」

    毎日、パソコンばっかりしている私が、なんで肘が痛くなったのか、原因がわかった時は、かなりの衝撃でした…

    実は今、デスクワークをしている方で、肘の腱鞘炎に悩んでいる人は、とても多いんです!

     パソコンのし過ぎが原因なので、それを完全に断ち切ればすぐ治ります。

    パソコンの便利さを知らなかった、純粋な子供の頃に戻ればいいだけ…

     

    「こっちは仕事でパソコンしてるんだよ!
    やめれるワケないだろがーっヽ(`Д´)ノ」

    ってなりますよね(苦笑)

    まあ、仕事でなくても、ネットを使っている方にとって、パソコンなしの生活は考えられないでしょう。

    でも、痛みを我慢して、そのままパソコンを使い続けていると、ある日突然、

    「ギャアアア!!」

    悲鳴をあげたくなるほどの激痛がして、最悪、手術しないといけないかも…

     

    「それは怖い!今すぐ病院に行かなくちゃ!」

    と恐ろしくなってしまった方も、いるかもしれませんが、ちょっと待ってください!

    軽症の場合は、自分でできる範囲の、簡単な対策でも、症状を抑えることができます。
    (私も、それでなんとか良くなったので)

     

    そこで、今回は、パソコンのし過ぎによる、肘の腱鞘炎の対策ついて、お話したいと思います。

    「今、ちょっと肘が痛いな~」と感じている、パソコン漬けのあなた!

    今すぐ、これから紹介する、私がやっている3つの対策を、ぜひ試してみてくださいね。

    これだけでも、だいぶ良くなるはずですよ~(^^)


    スポンサーリンク


    なんでパソコンで腱鞘炎になるの?

    「パソコンって、腕にも全然力が入ってる感じがしないし、スポーツしてる時みたいに、負荷を感じることはほとんどないんだけど…」

    と思ってる方もいるかもしれませんが、腕にはかなりの負担になっているんですよ!

    腱鞘炎がどういうものなのか、なんとなくでも、理解しておくことで、どうして、パソコンで腱鞘炎になるのかが、分かります。

     

    「そもそも、腱鞘炎の「腱鞘」って何?
    はっきり言ってよくわかんないんだよね~」

    正直、こんな風に思ってませんか?

    私も、調べるまで、そうだったので、恥ずかしいことはないですよ!

    安心してください。

    腱鞘というのは、骨と筋肉をつなぐが、骨などにぶつかって、痛い思いをしないように保護するためものです。

    腱鞘の「」は、「さや」とも読み、刀の鞘と同じようなものだと考えると、イメージしやすくなると思います。

    腱を収める鞘、それが腱鞘です。

     

    刀を、鞘の中で、ガチャガチャ抜き差しの繰り返しをしてたら、どうなるでしょうか?

    私は侍ではないので、実験はできませんが、刃も鞘もボロボロになるはずです。

    腱鞘炎は、これと同じような現象が、体の中で行われている、と考えれば、腕を痛めつけてるのは、すぐわかりますよね?

     

    キーボードをカタカタ押したり、マウスを小刻みに動かしている時は、常に腱も働きっぱなしの状態なんですね。

    そりゃあ、炎症も起こりますよ…(´Д`)

    つまり、パソコンを使い続けるというのは、腱鞘炎の人にとっては、残念ながら、症状を悪化させてしまうだけなんですね。

    極論を言っちゃえば、やっぱり、安静にして、腕をダラーンと伸ばして、何もしないのがいちばん良いんです。

     

    とは言っても、そんな夢のような、寝たきり生活は、入院しない限りムリですよね~(^_^;)

    だから、パソコンは普段どおり使うけど、対策をして、長時間使っても、肘への負担が少なくなるようにする、というのが、現実的な方法です。

    じゃあ、具体的にどうすればいいのか、次は、その対策について、詳しくお話していきますね。


    スポンサーリンク

    肘への負担を減らす3つの対策

    私がやっている3つの対策とは、こちらです↓

    ビックリしないでくださいね?

    1. サポーターをつける
    2. 肘のストレッチ
    3. パソコンをする時の姿勢の改善

     

    「あら、案外ふつう…」

    と思ったかもしれませんが、これだけで軽度の痛みならすぐに治まるはずです!

    私は今でも、時々肘が痛くなるのですが、その時は、この3つの対策をしっかりすれば、2~3日でだいたい良くなっています

    でも、これだけじゃよくわかりませんよね?

    ここからは、それぞれの対策について、もっと深く掘り下げていきましょう!

    1.サポーター

    私の中では、このサポーターを使う、というのがいちばん効果的だと思っています。

    「痛くなったら、とりあえず、サポーターをつけましょうか!」

    と言いたいくらいです。

     

    ここで、

    「数千円とかする、本格的なサポーターを買わないといけないの?
    これなら、病院で診てもらったほうが安上がりじゃ…

    と不安になった方もいるかもしれませんが、1000円以内で買える、安いサポーターで十分です。

    私が使っているのも、Amazonで数百円で買ったヤツですから~(笑)

     saporter

    スポーツ選手が使うような、キツく締め付けるような高級なものは、まったく必要ありません!

    パソコン使用時に使うので、むしろ、そんなもの使ったら、血止まって大変です(苦笑)

    1日中使うこと前提で、締め付け感や圧迫感の少ないものを使いましょう。

    安いサポーターなら、ほとんど大丈夫だと思います。

    だから、メーカーとかは気にせず、数百円のヤツを買っとけばOK!

     

    ちなみに、私は、肘が痛い時にしかつけません

    痛みが取れたら、すぐに付けなくなります

    確かに、圧迫感が少なくても、多少は腕を圧迫してるのは、間違いないですからね…

    常につけっぱなしはオススメしません。

     

    あと、サポーターの跡がなかなか取れない、っていうのが、イヤなんですよね(^_^;)

    だから、基本的には、

    • 肘に痛みを感じた時
    • パソコンを使っている間だけ

    この状態の時だけ、サポーターをつけるようにしています。

     

    でも、1日つけっぱなしにしてても、痛くなったりすることはないので、そこまで神経質に考えなくても大丈夫です。

    心配だったら、痛くなくても、サポーターしながら、パソコンして下さい。

    むしろその方が、肘には良いと思うので。

    この辺の判断は、ご自身で決めてみてくださいね。

    2.ストレッチ

    ストレッチは、パソコン後の休憩中にやっています。

    1時間に1回は休憩して、その都度ストレッチをするのが理想です。

    ストレッチは、毎回はしなくてもいいので、休憩だけはしっかり取るようにしましょう。
    (遅くても2~3時間に1回は必ず)

    ストレッチのやり方は、こちらの動画を参考に↓

     

    やり方をおさらいしておくと、

    前腕部のストレッチ

    1. 腕を床と平行になるように前に伸ばす
    2. 反対側の手で指を手前に反らす(上下に)
    3. そのまま15秒くらい維持
    4. 反対の腕も同様にストレッチ

     

    あと、動画の後半で紹介されている、負荷を高めるやり方は、しなくていいです。

    効果はあるかもしれませんが、床に手を付けないといけないので、仕事中なんかは出来ないですからね。

    いつでもできる、最初のストレッチだけやりましょう!

     

    このストレッチをすることで、手首から肘にかけての筋がほぐれます。

    実際にやってみると、パソコンで曲げっぱなしだった腕には、とても効果的です。

    パソコンで、じわ~っと溜まっていた痛みも、かなりスッキリしますよ(^^)

    3.姿勢

    パソコン画面に前のめりになった姿勢は、重心が前に来てしまうので、腕に大きな負担をかけてしまいます。

    文字などが見えにくくて、顔をモニターに近づけてしまうことは、ついやりがちですが、なるべくしないように注意しましょう。

    正しい姿勢に直すは、こちらの動画で紹介されている、背もたれにタオルを置く方法が、かなりオススメです!

    やり方は、背もたれ部分に、丸めたバスタオルを縦に置いて、座るだけ!

    動画ではストレッチも紹介されていますが、私はめんどくさがりのため、座る時にタオルを置くだけしかやってません(苦笑)

    普通に背筋を伸ばしてみると、時間が経つにつれ、背中が疲れて、結局、猫背気味になっちゃうんですよね~。

    でも、この方法なら、長時間、背筋を伸ばした状態なのに、背中がぜんぜん疲れませんよ(´∇`)

    ぜひ、お試しを!

     

    あと、プラスアルファで、マウスやキーボードの前に、3回くらい折ったバスタオルを置くと、手首の不自然な反りがなくなるので、腕への負担を減らせます

    姿勢に加えて、こちらもやってみてくださいね!

    腕がかなり楽になりますよ(^^)

    最後に…

    パソコンが原因の肘痛対策は、いかがでしたか?

    肘の負担を減らすために、

    • サポーター
    • ストレッチ
    • 姿勢の改善

    この3つを気をつければ、肘の痛みは、すぐに、気にならなくなると思います。

    ただ、症状が悪化して、慢性化したり、我慢できないような激痛がする場合は、すぐ病院に行って下さい

    さすがに、改善は困難だと思います。

    少しでも痛みを感じたら、早めに対策して、被害を最小限に食い止めましょう!


    スポンサーリンク

    関連記事

      • goto
      • 2014年 8月26日

      一か月前から腱鞘炎で、指と肘が腱鞘炎で、整形外科と接骨院に通っています。
      毎日パソコンでの仕事が多く中々治らないで困っていました。HPで検索してここにたどりつきました。
      3つの対策読ませていただきました。1サポーター、2ストレッチ、3姿勢の改善
      今少し試しましたが、中々調子がいいようです。これから続けていきたいと思います。
      感謝!感謝!ありがとうございました。

        • dai
        • 2014年 8月26日

        コメントありがとうございます。

        毎日仕事でパソコンを使っていると、休むこともできないので、
        肘の痛みに耐えながら作業するので、本当に困りますよね…
        そのお気持ちは私もよくわかります(^_^;)

        1ヶ月前から症状があるとのことなので、慢性的になっているかもしれませんね。

        なので、時間はかかるかもしれませんが、
        毎日しっかり対策すれば、痛みの方も落ち着いてくるかと思います。
        早くよくなるといいですね!

        これからも、続けてみてください。

        お役に立てて良かったです(^^)

      • ゆずりは
      • 2014年 12月17日

      パソコン暦15年、ここ数ヶ月にて腕に激痛が走り、皮膚が裂けそうな痛みがあります。病院には行っていませんが、こちらを読んで、サポーターを買おうと迷っています。。。

      3点を少しずつして緩和できればと思います。
      有難うございます。

        • dai
        • 2014年 12月17日

        コメントありがとうございます。

        「皮膚が裂けそうな痛み」ですか…
        かなり痛そうですね。

        病院には行っていないとのことですが、
        激痛がするようなら、一度病院に行っておいた方が
        良いかもしれません。

        対策を試してみて、痛みが変わらないようでしたら
        我慢せず、早めに治療をしてもらって下さいね。

      • 啓介
      • 2015年 2月26日

      最近になって、右腕だけが腱鞘炎でつらかったのですが
      先に乗ってたストレッチをしてみると、
      少ししただけでも効果が現れていました!
      ほんとに悩んでいたのでこういうのを載せていただいてて本当に感謝です^_^
      明日にでも肘のサポーターを買いに行く予定です^o^
      サポーターとストレッチと姿勢に気をつけて以前のように元気に動く腕になるよう頑張ります*\(^o^)/*

        • dai
        • 2015年 2月26日

        コメントありがとうございます。

        ストレッチ効果あったようで嬉しいです(^^)

        この基本的なことをやっておくだけも、
        腕の痛みはだいぶやわらぐと思いますよ。

        早く完全回復するといいですね!

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    管理人:dai

    はじめまして。管理人のdaiです。

    このブログでは、私の経験や知識を交えながら、「本当に役に立つ情報」を心がけてお伝えしていきます。

    「トレンドニュース」に込めた思いについて以下の記事で書いているので、ぜひこちらもご覧になってみてください↓

    トレンドニュース誕生秘話を見る