夏バテの原因は?対策はこの4つでバッチリ!

    この記事は3分で読めます

    「夏バテで、何もしなくてもだるいよ~(´Д`)…」

    夏バテになると、ホントにやる気が全くおきませんよね…

    私は、毎年のように、夏バテになるので、夏の風物詩的なモノになっています(苦笑)

    風情なんか、ちっとも感じられませんが…

    夏バテ期間中は、普段のダメダメさに、さらに拍車がかかってしまい、もう、どうしようもないんですよね~(^_^;)

     

    「さすがに、今年の夏はシャキっと乗り切りたい!!」

    と思ったので、夏バテの原因と対策について、徹底的に調べてみました!

    今年の夏は、夏バテ対策をしっかりして、暑い夏も、元気に乗り切っちゃいましょう!

    それでは、まずは、原因から、一緒に見ていきましょう~。


    スポンサーリンク


    夏バテの原因は?

    「夏バテの原因と言えば、あの、うだるような暑さのせいでしょ?
    それぐらい、誰でもわかるよ~(´∇`)」

    natubate

    と言いたくなるかもしれませんが、これだけだと不十分なんです!

    暑さが大きく影響するのは、当然ですが、他にも、大きな原因が3つ

    • 自律神経の乱れ
    • 胃の機能低下
    • 睡眠不足

    それぞれ、詳しくお話していきますね。

    自律神経の乱れ

    最近の夏バテになる原因としては、この自律神経の乱れが、いちばん多いと言われています。

    夏でも、会社やお家の中は、エアコンがガンガン効いている、という状況が多いですよね?

    これだと、外と室内の気温が大きく違うので、外に出た時に、急激な温度変化に、自律神経のはたらきが追いつかなくなってしまいます

    この状態が何日も続くと、体にも影響が出てくる、というワケですね。

    胃の機能低下

    暑いとつい、冷たいものをガブガブ飲んだりしていませんか?

    これは、胃酸を薄めてしまい、胃の機能を低下させてしまいます。

    消化もスムーズにできなくなるので、夏バテになると、食欲がなくなってしまうのは、こうした理由もあるんですね。

    食事をしっかり取れないと、栄養素も不足しがちです。

    特に、夏は、汗をたくさんかくので、ビタミンやミネラルの消費が激しくなります。

     

    ビタミン・ミネラル不足も、体調を悪化させる原因です!

    なので、胃に負担のかかることは控えて、食事もしっかり食べるようにしましょう!

    睡眠不足

    蒸し暑いと、寝苦しいですよね?

    それで、ぐっすりと眠ることができず、疲れが、どんどん溜まっていってしまいます

    「これはただの寝不足じゃないの?」

    と思うかもしれませんが、睡眠不足が続くと、自律神経の乱れにもつながるんですね。

    つまり、睡眠も夏バテに大きく関係している、ということです。

     

    これで、夏バテの原因については、十分わかったと思います。

    何も対策をしないでいると、どんどん悪循環にハマり、症状が、日に日にひどくなっていく…という最悪な状態になってしまうんですね。

     

    「じゃあ、今すぐ対策しなきゃ(゚д゚)!
    でも、何をすればいいの?」

    ってなりますよね?

    それは、これから、具体的な対策を紹介していくので、ご安心を。

    じゃあ、さっそく、紹介していきます!


    スポンサーリンク

    熱バテに効く4つの対策とは?

    夏バテ対策としては、

    1. 食事
    2. 水分補給
    3. 室温調整
    4. 睡眠

    この4つが大切です。

    それぞれ、どうすればいいのか、具体的に解説していきますよ!

    1.食事

    原因のところでも触れましたが、ビタミン・ミネラルをしっかり補給するのが、すごく重要です!

    特に、大事なのは、ビタミンB1

    ビタミンB1は、糖をエネルギーに変換する栄養です。

    また、乳酸などの、疲労物質を取り除くはたらきもあります(´∇`)

     

    夏は、体温を維持するのに、エネルギーがたくさん必要なので、ビタミンB1の消費も多くなってしまうんですね。

    ビタミンB1は不足しがちなので、ぜひ、積極的に摂るようにしましょう!

    ビタミンB1が多く含まれる食品としては、

    • 豚肉
    • 豆類
    • ゴマ
    • レバー
    • にんにく
    • うなぎ

    などがあります。

    ただ、ビタミンやミネラルは、バランスよく取らないと、意味がありません

    栄養素は、相互作用で成り立っていますからね。

     

    「でも、そんなに細かく栄養のことなんか、気にしてられないよ!
    ただでさえ、夏バテでだるいのに…」

    という人がほとんどだと思うので、そういう場合は、サプリメントを使うのがいいですよ(^^)

    私は、マルチビタミン&ミネラルのサプリを飲んでいます。

    sapuri

    これで、大体のビタミン・ミネラルは補えるので、おすすめです。

    あくまで、補助なので、サプリだけに頼るのはダメですよ(苦笑)

    食事もできる範囲で、栄養バランスを意識してくださいね。

    2.水分補給

    水分補給は、とにかく飲めばいい、というワケではありません

    大事なポイントは、

    • 常温~温かいくらいの飲み物を飲む
    • ジュースなど糖分が多いものは控える(水やお茶がベスト)
    • 一気に飲むのではなく、コップ1杯くらいの量をこまめに飲む

    この3つですね。

    胃に急激な刺激を与えない、そして、喉が乾きやすいモノを飲まない、というのが大切です。

     

    また、甘いジュースは、糖が多く、ビタミンB1の消費を早めてしまうので、こちらの観点からも、オススメできないですね…

    冷たいジュースは、美味しいかもしれませんが、夏バテになりたくないなら、なるべく飲まない方がいいですよ。

    お茶を飲むのが、いちばん良いです。

    3.温度調整

    室内と外の温度差が、大きくならないようにし、自律神経の乱れを抑えましょう。

    「室温はどれくらいにすればいいの?」

    という疑問が出てきますよね?

    その答えはこちら↓

    外と室内の温度差が5℃以内

    これを目安に、エアコンの温度を、調整してみてくださいね。

     

    あと、ジメジメした暑さよりも、カラッとした暑さの方が、不快指数が少ないので、除湿するのも効果的ですよ!

    同じ温度でも、除湿するだけで、体感的にかなり楽になると思います。

    4.睡眠不足の解消

    「暑すぎて、眠れる気がしないよ~(´Д`)…」

     という日は、どうしたらグッスリ眠れるのか?

    私がやっている対策を、紹介しますね!

    それは、冷えピタを貼る、です。

    hiepita
    引用:https://www.amazon.co.jp/

    冷えピタを貼るだけで、頭がひんやりして、暑さもかなり和らぎます(^^)

    冷えピタがなければ、氷枕を、タオルで巻いて使うのもいいですよ!

    これをやれば、グッスリ寝られるはずです!

     

    あと、夏バテ対策について、調べていた時に、

    「ええーっ!そうなの?
    これやっちゃダメだと思ってたけど、いいんだ…」

    と、意外な新事実を知ってしまったので、こちらもお話しておきますね。

     

    その、新事実とは…

    寝ている間、エアコンつけっぱなしでも、全然問題ないんだそうです。

    無理して、エアコン切って寝てしまうと、熟睡できなくなり、疲労が抜けないので、むしろ良くないんですね~。

    これは、意外でした…

    ただ、設定温度は、先ほどの、温度差5℃以内を守って下さいね。

    低すぎると、逆効果になってしまうので…

    最後に…

    今回は、夏バテの原因と対策について、お話してきました。

    夏バテが何日も続くと、日々の生活にも支障がでてきます。

    夏バテを早く治し、その後も、きっちり予防するために、今回紹介した対策を、実践してみてくださいね(^^)

    まずは、1つでもいいので、できる範囲でやってみましょう!


    スポンサーリンク

    関連記事

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。