キシリトールの効果は嘘ってホント?えっ虫歯になることも?

    この記事は4分で読めます

    「キシリトールって、虫歯に良いんじゃないの…?」

    虫歯に効くって聞いたから、毎日食べてたのに~…

    「キシリトールを摂れば、虫歯予防になりますよ!」

    みたいな感じのことを、CMなんかでよく耳にしていたので、勝手に信じきっていました(^_^;)

    多少大げさですが、私の中では、

    キシリトールさえ噛めば、歯の問題はコレで解決!

    ぐらいの、すごいヤツだと思っていたんですね。

     

    ちょうど、虫歯になりかけてしまって、自分でできる対策を調べている中で、キシリトールについても、調べてみたんです!

    で、調べていくうちに、

    「おいおい、コレ知らない人多いんじゃないの?
    ちゃんと伝えておかないとダメじゃん…」

    と、衝撃の事実を知ることに(゚д゚)!

    私の頭の中で、キシリトール神話が崩壊した瞬間でした…

    商品の宣伝文句なんて、ホントに鵜呑みにしてはいけないなぁ、と実感する出来事でしたね(苦笑)

    そこで、今回は、今、キシリトールガムを噛んでいるあなたに、ぜひ知ってほしい、キシリトール効果の嘘と真実について、お話します!


    スポンサーリンク


    よく聞くキシリトール効果の真相は?

    何がホントで、何がウソなのかよくわかっていない、キシリトール。

    そこで、今回は、

    • 虫歯予防に効果はあるの?
    • キシリトールガムを食べたら虫歯に!?
    • 虫歯が治るってホント?

    この3本立てで、真相を暴いていきます!

    なんか衝撃的なタイトルも入っていますが…

    それでは、さっそく、

    「虫歯予防に効果はあるのか?」 

    これから、見ていきましょう!

    虫歯予防にはなるのか?

    冒頭でも、サラッとお話した、虫歯予防の効果についてですが、あるにはあります

    う~ん、なんとも歯切れの悪い感じ…

    不祥事がバレて、記者会見で、なんとかごまかそうとしている、会社の社長さんのような曖昧な返答(苦笑)

    なぜ、こんな答えなのか?

    そのワケは、これから詳しく話していきますね。

    まずは、

    どのようにして、虫歯になっていくのか?

    これが理解できていないと、どうしようもありません。

    なので、かんたんに説明すると、

    1. ミュータンス菌などの細菌が、砂糖を原料に酸を生み出す
    2. 口の中が酸性になる
    3. 歯のエナメル質が溶けて、虫歯に…

    musiba

    このようなステップを踏んで、虫歯になるんですね。

    要するに、砂糖をたくさん摂ると、虫歯になりやすくなります

     

    で、キシリトールというのは、酸を生み出す原料になれない甘味料なんです!

    キシリトールは、糖アルコールという、細菌のエサにならない糖の1種に分類されます。

    それで、酸をつくることができないので、正確には、虫歯の原因にならない、というのが、正しいですね。

    つまり、キシリトールでは、虫歯にはなりにくいけど、虫歯を完璧に予防する、ということはできません

     

    いくらキシリトールガムを噛んでても、お菓子をバリバリ食べたりしてたら、虫歯になります…
    (当たり前だけど…苦笑)

    間食しないで、普通に食事して、歯磨きもちゃんとした上で、キシリトールを摂るなら、それなりに予防効果は期待できる、というのが解答です。

    だから、「あるにはある」と言いました…

     

    ※追記

    コメントにて、「キシリトールはミュータンス菌の阻害の糖代謝を阻害するので、菌の数も減りますよ!」というご指摘をいただきました。

    私は最初「どういうことなの?」と思って、調べ直したところ、お口の中に住んでいるミュータンス菌は、2タイプいて、ほとんどはキシリトールで糖代謝を阻害されるのですが、中には糖代謝が阻害されないものもいるんだそうです。

    参考:テーマパーク8020「キシリトールについて」

     

    このキシリトールの影響を受けないミュータンス菌は、虫歯の原因になる酸をあまりつくらないんですね。

    つまり、こいつらが口の中に増えると、虫歯になりにくいというワケです。

    キシリトールを定期的に摂取(目安としては、3ヶ月摂取するのがいいとのこと)すると、このキシリトールで代謝が阻害されないミュータンス菌の割合が増えるので、虫歯予防の観点から見ても良いってことになります。

    この点については、私の調査不足でした。
    本当に申し訳ありません。

    なので、補足として追記させていただきました。

    ~追記終わり~

     

    ですが、市販のキシリトール製品には、むしろ、虫歯になってしまうかもしれない、ある秘密が隠されています!

    次は、この秘密について、お話していきます!


    スポンサーリンク

    キシリトールガムで虫歯に!?

    キシリトールの商品と言えば、ガムが定番ですよね。

    いろんな商品があり、最近では、ほとんど、「キシリトール配合」と表記されています。

    しかし、「キシリトール配合」と書いてあれば、なんでもOKというワケではないんですよ!

    実は、キシリトールガムの中には、砂糖も含まれているモノがあるんです!

    「えっ、そうなの(゚д゚)!?」

    私も、知りませんでした…

    なので、キシリトールガムを買う場合は、成分表示を見て、糖類が含まれていないか、ちゃんと確認してから、買いましょう!

    あと、「キシリトールは含有量が大切」、とよく言われますが、含有量が少なくても、十分効果があることがわかっています。

     

    ちなみに、含有量については、

    含有量(%) = キシリトール(g) ÷ 炭水化物(g) × 100

    で計算することができます。

    気になる方は、こちらの式で、チェックしてみてもいいですね。

     

     キシリトール含有量よりも、砂糖の有無が、とっても重要です!

    含有量も、まあ大事ですが、あまり気にしなくても、そこまで大きな問題はありません。

     

    せっかくなので、オススメのガムも紹介しておきますね(^^)

    オススメは、歯科専用のキシリトール100%ガムです!

    xylitol

    甘味料に、キシリトールしか、使っていないので、砂糖の心配は全く必要ナシです(´∇`)

    ネットで、普通に買えます。

    キシリトール100%なので、値段は少し高いですが。

     

    そして、最後は、キシリトールで虫歯が治るのかどうか、について、お話していきますね!

    キシリトールで虫歯が治る?

    答えから言うと、これは間違いです。

    キシリトールに、虫歯を治す効果はありません

    なのに、なぜ、虫歯が治ると言われているのでしょうか?

    その原因は、

    • 口の中が酸性にならない
    • だ液の分泌が盛んになり、歯の再石灰化を促してくれる

    この2つが理由です。

    だ液には、歯の構成成分である、リン酸カルシウムが含まれていて、歯の修復を助けてくれます。

     

    だから、虫歯に効果があるのはだ液の方なんです!

    要するに、細菌のエサにならない、糖アルコールなら、同じ結果になります。

    別に、キシリトールである必要はありません。

     

     キシリトールガムで、虫歯に効果があるのは間接的なもの、と考えるのが、妥当でしょう。

    ですが、キシリトールが、歯に良いと、何度も言われていれば、勘違いしても仕方いないですよね~(^_^;)

    そして、このだ液の効果についても、過度な期待はしちゃいけません。

    まあ、良くなればラッキー、ぐらいの感覚で。

    最後に…

    キシリトール効果の嘘と真実を紹介しましたが、いかがでしたか?

    キシリトールについて、間違った認識をしている部分も、あったんじゃないかと思います。

    キシリトール自体は、虫歯の原因にはならないので、悪いものではないですが、虫歯が治るなどの過度な期待をしたらダメということです。

    ちょっとは、虫歯対策になるかな~、ぐらいに受け止めておきましょう。

    それにしても、もう少し、消費者が誤解を招かないような表現をして欲しいですね(^_^;)

    おバカな私は、すぐ勘違いしてしまうので(苦笑)


    スポンサーリンク

    関連記事

      • 2017年 3月2日

      キシリトールはミュータンス菌の糖代謝の阻害作用があるので菌数も減りますよ。不溶性グルカンを作りにくいミュータンス菌の割合が多くなって虫歯になりにくい状態になるのでキシリトールは歯にいいは間違いでも誇大広告でもないですよ。これらの作用は他の糖アルコールにはみられないキシリトールの特異効果です。

        • dai
        • 2017年 3月3日

        コメントありがとうございます。
        ご指摘いただいた点を調べてみましたが、その通りのようですね。
        補足しておきます。

        ご指摘いただき、ありがとうございます。

    1. この記事へのトラックバックはありません。