紫外線で目が痛い!この3つの対処法が効果あり!

    この記事は3分で読めます

    「紫外線のせいで、目が痛いよ~…(;_;)」

    夏になると、ちょっと外に出ただけで、目が痛くなることありますよね…

    私は、すっごい紫外線に弱くて、夏は、ほんの10分くらい、外にいるだけで、目がシパシパしてきます…

     

    「目の痛みが、すぐに取れる対処法とかないの?
    毎日、外出るたび、辛いんだけど~(´Д`)」

    という人、私の他にも、けっこういると思います。

    そこで、今回は、 紫外線で目が痛い時の3つの対処法と対策を、私の経験を踏まえて紹介していきます!

    この対策をやれば、目の痛みも、すぐにスッキリ解消できるはず(´∇`)♪

    目が痛い方は、ぜひ試してみてくださいね!

    それでは、早速いってみましょう~。


    スポンサーリンク


    目が痛くなったらしたい3つの対処法

    痛くて痛くて、目を開けてるだけでしんどい…

    menotukare

    そんな時に、して欲しいのは、この3つです↓

    • 目を冷やす
    • 紫外線用の目薬を指す(症状がひどい場合)
    • とにかく休む

    この3つをやれば、何もしないよりも、早く目の痛みが治まります。

    ここから、もう少し詳しくお話していきますね(^^)

    目を冷やす

    私が、ちゃんとやってる対策は、この目を冷やすことぐらいです。

    これを、10~15分くらいすれば、目の痛みは、だいぶ楽になりますよ(^^)

    やり方は、冷たい水で絞ったタオル、もしくは氷まくらなんかを、目の上に乗せるだけでOK。

     

    肌の日焼けと同じで、目も紫外線によって、日焼けしているんです!

    体が日焼けした時に、熱を抑えるために、冷やしたりしますよね?

    やってることは、アレといっしょです。

    目を冷やして、炎症を抑えてあげましょう!

     

    次は、目薬を紹介していきますが、個人的には、あまりオススメしません…

    その理由も合わせて、詳しくお話していきますね。


    スポンサーリンク

    紫外線用の目薬

    「紫外線用目薬って何が違うの?」

    というところからいきましょうか。

    紫外線用の目薬には、硫酸亜鉛水和物という、炎症に効く成分が入っています。

    これにより、目の炎症に効果がある、というワケなんですね(´∇`)

     

    市販されている商品としては、

    • ロートUVキュア(ロート製薬)
    • バイシンUV(武田薬品)
    • ノアールUV(佐藤製薬)

    などがあります。

    ただ、ノアールUV以外は、オススメできません。

    何故かと言うと、他の2つには、血管収縮剤というモノが含まれているからです!
    (ノアールUVには入っていません)

     

    この、血管収縮剤は、一時的に充血を取るのには良いのですが、その後に、かえって充血を悪化させてしまうんですね。

    つまり、

    使えば使うほど、充血がひどくなっていく…

    ということも、ありえます。

    だから、オススメできないんですよ(^_^;)

    もし、近所のドラッグストアなどで、他の目薬を買う場合は、血管収縮剤である、

    • 塩酸ナファゾリン
    • 塩酸テトラヒドロゾリン
    • 塩酸フェニレフリン

    これらの成分が入っていないかを、確認してからにしましょう。

    「あれ?ノアールUVなら、血管収縮剤入ってないし、別に、いくら使っても大丈夫なんじゃない?」

    と思った方もいるかもしれませんね。

    でも、目薬は、涙が出にくくなったり、ドライアイなどの目の衰えにつながるので、あまり使わない方が良んです!

    私も、目薬は使っていません…

    なので、目薬を使うなら、ホントに症状が辛い時だけにするのが、いちばん良い使い方だと思います。

     

    さて、お次は、3つ目の対処法、「とにかく休む」 です!
    (対処法と言っていいのか、ちょっとビミョーだけど…苦笑)

    とにかく休む

    suimin

    まあ休むだけなんで、特に言うことはありません(苦笑)

    ですが、やっぱり休むのがいちばんかと。

    紫外線によって、目はかなりダメージを受けていますからね…

    目を休めて、回復する時間を、たっぷり与えてあげてください。

     

    「目が痛くなった時の対処法もわかったし、もう何も心配することはないな~♪」

    と思ったあなた!

    その考え方は、ものすごーく危ないですよ!

    対処法はあくまでも、一時的な処置ですので、根本から目を守るためには、普段の対策がすごく重要なんです!

     

    目が紫外線を浴び続けると、

    • 角膜炎
    • 白内障(水晶体が濁る病気)
    • 翼状片(黒目の部分に、白目が侵入してくる病気)

    などの、目の病気になる危険性があります。

    最悪、失明してしまうなんてことも…

     

    「ひぃ~、目の病気にはなりたくないよ~((((;゚Д゚))))
    目の紫外線対策もちゃんとしなきゃ!
    でも、何をすればいいの?」

    となりますよね?

    もちろん、その具体的な対策も教えますよ~(´∇`)

    それでは、お次は、あなたの目を、紫外線からしっかりガードするためのとっておきの防御術を紹介していきます!

    目を紫外線から守る対策

    対策としては、

    • ファッション(サングラス・帽子・日傘)
    • 食事

    この2つです。

    まずは、ファッションから見ていきましょう!

    ファッション

    サングラス

    目を守るための定番と言えば、サングラスです!

    ただ、このサングラス、選ぶときには、重要なポイントがあります。

    このポイントを守らないと、サングラスをしてても、意味がありません。
    (むしろ、逆効果になることも…)

     

    その重要なポイントとは、

    • UVカット加工がされている(紫外線透過率が1%より低いモノ)
    • レンズは薄い色の方が良い

    です。

    紫外線透過率というのは、かんたんに言うと、紫外線をカットしてくれる割合のことです。

    紫外線透過率1%だと、紫外線を99%カットしてくれる、という意味になります。

    なので、この値が低いほど、紫外線カット率は高くなる、ということですね。

     

    あと、レンズの色は、透明などの、色が薄い方が良いです。

    sunglass (2)

    黒などの濃い色だと、視野が暗くなるので、光をたくさん取り込むために、瞳孔が大きくなります。

    そのため、紫外線も目にたくさん入ってきてしまうんですね。

    だから、色の薄いレンズを選びましょう。

    もし、もともと、視力が悪くて、メガネをかけている方でも、UVカット加工のレンズがあるので、大丈夫ですよ(^^)

     

    帽子・日傘

    帽子はつばが大きくて、顔をしっかり隠してくれるモノがいいですね。

    だから、キャップなどではなく、ハット系の帽子がオススメです。

    hat

    それと、女性なら、日傘を使うのもかなり効果があります。

    男性でも、気にならないなら、どんどん使ってください。

     

    もう一つの対策は、食事です。

    こちらも、しっかり確認しておきましょう!

    食事

    目の紫外線対策で、大事な栄養素はこちら↓

    • ビタミンA:角膜・網膜の細胞を保護する(うなぎ・レバー・にんじん・小松菜など)
    • ビタミンB2:目の充血を抑える(豚レバー・チーズ・うなぎ・卵など)
    • ビタミンB6:目の炎症を抑える(大豆・牛乳・シャケ・マグロなど)

    特に、目に大切な栄養素を紹介しましたが、他の栄養素も、もちろん大切なので、バランス良く摂取してくださいね。

    最後に…

    紫外線で目が痛い時の対処法について、紹介してきましたが、いかがでしたか?

    今回紹介した対策をすれば、たいていは、すぐに痛みも治まると思います。

    そして、外に出る時は、肌だけでなく、目も、紫外線対策をしっかりしましょう!

    紫外線は、量に差はあれど、1年中降り注いでいるので、これからは、常に対策していきたいですね~(´∇`)

    あなたも、紫外線には、くれぐれもご注意を。


    スポンサーリンク

    関連記事

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    管理人:dai

    はじめまして。管理人のdaiです。

    このブログでは、私の経験や知識を交えながら、「本当に役に立つ情報」を心がけてお伝えしていきます。

    「トレンドニュース」に込めた思いについて以下の記事で書いているので、ぜひこちらもご覧になってみてください↓

    トレンドニュース誕生秘話を見る